土作り草作りから一貫して育てた「安全・安心・素性明らか」で健康な牛から「質の高い」牛乳を生産します。

牛の素性が明らか

小岩井農場で飼養されている乳牛は、明治時代に輸入した品種を改良し続け、全て自家生産をしています。そのため、何代にもわたり血統が明らかです。

牛の運動場風景

土作りから始まる生乳生産

酪農事業は1901(明治34)年以来、農場の基幹事業として継続されています。風味のあるおいしい生乳を搾るために、土作り草作りに力を注いでいます。牛の飼料の主体である乾牧草やデントコーン(飼料用トウモロコシ)を農場内にある約700haの圃場に作付けしています。

牧草の収穫

徹底した衛生管理

乳牛の健康のため、農場で生産した牧草を主体に、ストレスを与えない飼い方を心掛けています。搾乳工程管理では、HACCP手法を徹底しています。また、安全安心な生乳生産のため、搾乳牛となる仔牛の哺育段階から健康管理を徹底、予防的な抗生物質の投与を行わない等、薬害に配慮した衛生管理を徹底して健康な乳牛を育てています。このようにして生産された生乳は、小岩井の飲用乳や乳製品としてお客様にお届けしています。

鶴ヶ台牛舎

鶴ヶ台牛舎

健康な牛を育てるための環境づくりの一環として建設したフリーストール型の牛舎。牛の行動欲求を反映させ、省力化と共にストレスを与えず生産性を上げる工夫をしています。壁のない開放型で、自然風での換気方式を取り入れる等、飼養環境の清浄化や健康管理により、風味の良い生乳を生産しています。

鶴ヶ台牛舎

優良な肥育牛の一貫体制

ストレスを軽減した飼養管理技術の充実を図りながら、優良な肉質の黒毛和種や交雑牛(ホルスタイン種♀×黒毛和種♂)の肥育牛一貫生産を行っています。また、給与する飼料は安全・安心・素性明らかの視点で吟味しています。

熟成させた畜糞堆肥

牛糞は、場内の鶏糞等と合わせて、畜産バイオマス発電・堆肥化設備にて電気エネルギーや良質な堆肥となり、有効に資源化されています。堆肥はバランスのとれた土作りをモットーに良質な牧草生産に役立てていると共に、緑化造園等にも活用されています。
※堆肥、乾牧草の業務用販売を行っております。ご希望の方は下記問い合わせまで。

バイオマスによる「自然エネルギー」で循環型社会に挑戦

-畜産バイオマス発電への取り組み―
小岩井農場内にはバイオマス発電・堆肥化プラントが設置されています。小岩井農場の家畜排せつ物と、周辺地域の小中学校の給食調理段階での残さや食品工場等から出る非動物系加工残さを選別して受け入れ、メタン発酵処理し、得られるメタンガスを利用して発電を行っています。また、堆肥やメタン発酵の過程で得られた消化液(液肥)は小岩井農場の耕地に還元することで、有効活用され、環境貢献すると共に、持続型・循環型農業を実践しています。

当事業は、小岩井農牧株式会社と三菱重工業株式会社、東北発電工業株式会社、東京産業株式会社、雫石町の4社1町の共同出資により設立した「株式会社バイオマスパワーしずくいし」が管理・運営しております。

施設全景

メタン発酵発電施設

堆肥化施設

酪農部へのお問い合わせ

ページトップへ