国指定重要文化財

国指定重要文化財の概要

国指定重要文化財小岩井農場施設

小岩井農場内の歴史的建築物21棟が国の重要文化財に指定されています。
すべて明治末期から昭和初期にかけての建築で、そのほとんどが今もなお、現役で使⽤されています。

近代日本の畜産の歴史が垣間見える農場

小岩井農場の歴史は、我が国の酪農をはじめとする畜産の歴史であり、その生産工程・生産技術の試行錯誤・開発の歴史でもあります。明治末期から昭和初期にかけて建設され、現存している歴史的建造物群はその過程を示す貴重な遺産群です。
今回指定される建築物のほとんどが現在も使いつづけている、いわば生きた文化財です。⽇本の畜産、酪農業の発展の過程をご覧ください。

小岩井農牧株式会社基本⽅針

私たちは、“不毛の原野から緑の環境を創造”してきた先達の努力の上に立つ小岩井農場を原点として、環境の保全と改善に努力し「持続可能な発展」を目指しています。
百年を超える企業活動の過程で建設されてきた「⼩岩井農場施設」の現在の形状を極⼒変えずに保存し、今後も継続して使⽤するとともに、明治期から培われた農業遺産としての景観も保全して参ります。

ガイド付きツアー「小岩井農場物語」

指定建築物は、その多くが現在も使用している建築物であり、
生産エリア内に位置するため、一部をのぞき自由見学は出来ません。
見学ご希望の方はガイドがご案内する文化財ツアーにご参加ください。